霊枢「陰陽二十五人篇」②

木形の人は、木音の中の上角に属し、東方の人に似てます。
・皮膚は青みを帯び
・頭は小さく
・顔は長く
・肩と背は広く
・身体は真っ直ぐ
・手足は小さく
・才知があり
・心労し
・体力は強からず
・よく心配する

季節の適応に関しては
・春夏には絶えられる
・秋冬には絶えられず、すぐに病気になります。
・足の厥陰肝経に属し、その性格の特徴はおだやかで麗しくゆったりしている

木気をうけても偏りがあり、左右上下の4つの類型があります。
・左の上方は木音中の大角に属し、左足の少陽経の上に比類され、性格は謙虚で穏やか
・右の下方は木音中の左角に属し、右足の少陽経の下に比類され、性格は人付き合いがよく従順
・右の上方は木音中のだい角に属し、右足の少陽経の上に比類され、性格は上達しようとする勇気があります
・左の下方は木音中の半角に属し、左足の少陽経の下に比類され、性格は正直でへつらいません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「陰陽二十五人篇」①

次の記事

霊枢「陰陽二十五人篇」③