霊枢「陰陽二十五人篇」⑤

金形の人は、金音の中の上商に属し、西方の人に似てます。
・皮膚は白く
・四角顔
・頭が小さく
・肩背が小さく
・腹は小さく
・足脛から下は堅く丈夫
・手足は小さく
・骨がかかとから外へ出ている
・行動は軽快
・性格は清廉
・動と静をあわせ持ち、動のときは勇猛果敢であり、官史に適している

季節の適応に関しては
・秋冬には絶えられる
・春夏には絶えられず、すぐに病気になります。
・足の太陰肺経に属し、その性格は堅忍不抜(意志がしっかりしていて何事にも動じないこと)

金気をうけても偏りがあり、左右上下の4つの類型があります。
・左の上方は金音中の大商に属し、左手の陽明経の上に比類され、性格は清廉潔白
・左の下方は金音中の右商に属し、左手の陽明経の下に比類され、性格はさっぱりして清らか
・右の上方は金音中の大商に属し、右手の陽明経の上に比類され、性格は是非を明らかに察することに長けている。
・右の下方は金音中の少商に属し、右手の陽明経の下に比類され、性格は威厳があり重々しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「陰陽二十五人篇」④

次の記事

霊枢「陰陽二十五人篇」⑥