霊枢「陰陽二十五人篇」⑥

水形の人は、水音の中の上羽に属し、北方の人に似てます。
・皮膚は黒く
・顔には皺があり
・頭が大きく
・顎が広く
・肩背が小さく
・腹は大きく
・手足を動かすことを好み
・道を歩くときは身体を揺らします
・尻骨はやや長く
・背骨も長く
・人に対する態度は丁寧ではなく
・恐れない
・よくひとを欺き、殺戮する

季節の適応に関しては
・秋冬には絶えられる
・春夏には絶えられず、すぐに病気になります。
・足の少陰腎経に属し、その性格はすることにとりとめがない

水気をうけても偏りがあり、左右上下の4つの類型があります。
・右の上方は水音中の大羽に属し、右足の太陽経の上に比類され、性格は顔つきがようようとして得意げ
・左の下方は水音中の少羽に属し、左足の太陽経の下に比類され、性格は歯切れが悪いこと
・右の下方は水音中の衆羽に属し、右足の太陽経の下に比類され、性格は大人しく静か
・左の上方は水音中の桎羽に属し、左足の太陽経の上に比類され、性格は高尚な品徳をもっている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「陰陽二十五人篇」⑤

次の記事

霊枢「陰陽二十五人篇」⑦