霊枢「陰陽二十五人篇」⑧

「気血の多少に基づいて体表の観察をするとどうなる?」

・上部を循行する足の陽明経が血気が充実していれば、両頬のヒゲは美しく長い
血が少く気が多ければヒゲは短い
気が少なく血が多ければヒゲは少ない
血気がともに少なければヒゲは生えず、口角の両側に筋が多くなる

・下部を循行する足の陽明経が血気が充実していれば、陰毛は美しく長く胸部まで達する
血が多く、気が少なければ陰毛は美しいが短く、臍部までいかない、歩くとき足を高く挙げ、足指の肌肉が少なく、冷えを覚える
気が多く、血が少なければ凍傷に罹りやすい
血気とも少ない場合、陰毛は生えず、痿・厥・痺などの病に患いやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「陰陽二十五人篇」⑦

次の記事

霊枢「陰陽二十五人篇」⑨