霊枢「百病始生篇」④

「積病の発生からその形成に至るまでの原因はなにか?」

・寒邪の侵犯を受けて生じます。寒邪が逆行して上行す積になる

「寒邪が積を生成する病理課程は?」

最初に足部の痛み・凝りと運動障害をもたらします。
次に足部の痛み・凝りから脛部の冷えに発展、その後に血脈の渋滞凝結をもたらします。
血脈が渋滞凝結すると、寒気は上部へ進み腸胃を侵犯します。
腸胃が寒気を受けると脹満が発生します。
腸胃が脹満すると腸胃の外にある汁沫を凝集させて消散させなくします。


また、突然の暴飲暴食により胃腸を過度に充満させたり、生活が不摂生であったり、過度に力を使ったりすると、絡脈が損傷されます。
もし、上部の絡脈が損傷されますと、血が損傷部位から外に溢れて鼻血がでます。
もし、下部の絡脈が損傷されなすち、血が損傷部位から内に溢れて血便がでます。
もし、腸外の汁沫と腸外に溢れ出た血と混じり合い、両者が一緒になって凝集し、消散できなくなり積になるます。

もし、突然に外は寒邪に感じ、うちに憂怒に傷られると、気が逆上します。
気が逆上すると、六経の気血の運行が阻害され、陽気の温める作用が影響を受けて、血液が温められないために凝結し、凝結が深部に集まって散らなくなり、津液も乾燥し、組織を潤すことができなくなり、留着して消散せず、積が形成される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「百病始生篇」③

次の記事

霊枢「百病始生篇」⑤