霊枢「百病始生篇」⑤

「内蔵に発生する病はどのように形成されるのか?」

・憂愁思慮が度を越せば心が傷られます。
寒邪に外感し、加えて冷たいものを飲食しますと、肺が傷られます。
忿怒(ふんど)が度を越せば、肝が傷られます。
酒に酔った後で寝室に行き、汗をかいて水を浴びますと、腎が傷られます

「どのような治療をすればいいのか?」

・疼痛部位を診察すれば病変の所在を知ることができます。
証候の虚実に従って、虚実の治療をおこなうことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「百病始生篇」④

次の記事

霊枢「行鍼篇」①