霊枢「邪客篇」②

「人の四肢百節は、自然とどのように相応しているのか?」

・天は円形、地は四角=人の頭は円く、足は方形
・天には日月、人には両目
・大地には九州、人には九竅
・天には風雨、人には喜怒
・天には雷電、人には音声
・天には四季、人には四肢
・天には五音、人には五臓
・天には六律、人には六腑
・天には冬夏、人には寒熱
・天には十干、人には十本の手指
・地には十二支、人には十本の足指と陰茎と睾丸がある、女子は懐胎することができる
・天には陰陽の交わりがあり、人には夫妻の配偶がある
・1年は365日、人には365の関節がある
・地には高山があり、人には肩と膝がある
・地には深谷、人には腋窩と膝窩
・地上には12の大河川、人体には12の経絡
・地下には泉脈が流通、人体には衛気
・地上には草が生え、人には豪毛がある
・天には昼夜、人には起臥
・天上には列星、人の口には牙歯
・地上には小山、人体には小関節
・地には山岩、人には顎、肩、膝、くるぶし
・地上には森林、人体内部には筋膜が密になっている
・地上には集落、人体では肌肉の隆起
・1年は12月で、人の四肢には十二の大関節がある
・大地には四季を通して草が生えないところがある、人にも生涯子供を産まないものがいる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「邪客篇」①

次の記事

霊枢「邪客篇」③