霊枢「邪客篇」③

「用鍼の技法、刺鍼の原理、補瀉迎随の意味、及び皮膚を引き伸ばして腠理を開かせる刺法はどのようなものか?
また、五臓の経脈には屈折するところと経気が運行し出入りするところがある。流注において、どこで出、どこで止まり、どこで緩やかになり、どこで速くなり、どこで入るのか?
またどのように六腑の輸穴に流注し全身に至るのか?これらすべてを聞きたい
さらに、経脈が支別が離合するところで、陽経はどのように別れ出て陰経に入るのか?陰経はどのように別れ出て陽経に入るのか?その間において、どの通路を経過して疎通するのか?
その道理を聞きたい」

・手の太陰肺経は、手の親指の先端から出て、内側へ屈折し、内側の白肉際に沿って、太淵穴に至り、経気はここに流注し寸口の動脈になる、そこから外側へ屈折し、上行して本節の下へ行き、さらに内側へ屈折していき、魚際部にある陰絡と会合します、陰経の脈はみなここに注ぎますので、魚際部の脈気は滑利である。
さらに親指の後ろに隆起する、よう骨の下に伏行し、そこから再び屈折して外側ヘ向かい、寸口部で浮上して上行し、肘の内側に到達し、大筋の下の尺沢に侵入し、また内に屈折して上行し、どう部の内側を通って腋下に入り、内側へ屈折して肺に入ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「邪客篇」②

次の記事

霊枢「邪客篇」④