霊枢「邪客篇」⑤

「手の少陰心経には輸穴がないのはなぜ?」

・五臓六腑の主宰者である心だからです。
また、精神を宿す中枢であり、その器質は堅固であり、邪気の侵入は許しません。
もし、邪気が侵入すれば心臓を損傷し、神気が損耗散逸して、人は死んでしまいます。
それゆえ、各種の病邪が心臓を侵犯したとしても、みな心の包絡上にある
包絡は心に変わって邪を受けますので、心主の脈の輸穴をとって心病を治療することができます
それ故、少陰心経には輸穴がないのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「邪客篇」④

次の記事

2020年4月のお休み