霊枢「邪客篇」⑩

「人身には八虚があるが、どの疾病を診断するのか?」

・五臓の病変を診断します。

「どのように診断するの?」

・肺と心に邪気があると経脈の流注に従って左右の肘に至る。
肝に邪があると経脈に従って両腋窩に至る
腎に邪気があると経脈の流注に従って左右の両膝窩部に至る
脾に邪気があると経脈の流注に従って左右の両股部に至る
肺と心に邪気があると経脈の流注に従って左右の肘に至る
左右の肘、腋、股、膝窩の部位を八虚と呼ぶ

これらは四肢の関節が屈伸する中心であり、真気と血絡が通行し会合する要所である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「邪客篇」⑨

次の記事

霊枢「通天篇」①