霊枢「通天篇」①

「人には陰陽の種別があると聞いた、なにを陰として、なにを陽とするのか?」

・自然界のうち、上下四方の中で、一切の事物はみな五という数字から離れることはできない
人もまた五に応じており。一陰一陽だけには限らない
陰陽の人があるというのはおおよそのことを言っているにすぎない
先天的な生理の情況については、言葉によってはっきりと説明することは困難である

「要点をかいつまんでお聞かせいただきたい」

・人はおおよそ、太陰・少陰・太陽・少陽・陰陽和平の五つに分類することができる
この五つの類型の人は形態が異なり、筋骨の強弱や気血の盛衰もそれぞれ同じではない

「五つの類型の人の相違する点を教えて下さい」

・・・霊枢「通天篇」②に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「邪客篇」⑩

次の記事

霊枢「通天篇」②