霊枢「通天篇」⑦

「五種類の形態の人に対処するには、どのように治療をしたらよいのか?」

・太陰の人は陰が多く、陽がない
陰血が濃く濁っており、衛気が滞っているので、陰陽調和することができない
それゆえ筋が弛緩し、皮膚が肥厚する
この体質の人に鍼治療をするときは、その陰分を瀉さなければ病状を好転させることはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「通天篇」⑥

次の記事

霊枢「通天篇」⑧