霊枢「通天篇」⑩

少陽に属する体質は、陽が多く陰が少ない
経脈が小であり、絡脈が大です。
血が体内の深部にあり、気が体表の浅いところにある
陽が多く、陰が少ないので、治療は陰経を充実させ、陽絡を瀉さなければいけない
もし単独に絡脈を瀉して度が過ぎますと、陽気をすぐ散逸させ、中気不足の状態になるので、治癒し難い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「通天篇」⑨

次の記事

霊枢「通天篇」⑪