霊枢「通天篇」⑪

陰陽調和の人は、陰陽の気が調和し、血脈が和順しています
治療するときは陰陽の盛衰・邪正の虚実を慎重に診察し、患者の容貌所作をつぶさに観察し、臓腑・経脈・気血の有余と不足を診断しなければいけない
虚実に対して補瀉をおこない
虚実がはっきりしない病証に対しては、その本経から取って治療する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「通天篇」⑩

次の記事

霊枢「通天篇」⑫