霊枢「官能篇」①

鍼を用いる道理は必ず臓腑の形気の所在・上下左右の部位を知り、陰陽表裏の病機、および十二経脈の気血の多少、気血が出入りし、会合する輸穴を分析しなければならない、そうしてはじめて正確な治療をおこなうことができ、誤治を防止することができる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「通天篇」⑫

次の記事

霊枢「官能篇」②