霊枢「官能篇」③

寒と熱が抗争する病では、陰陽によってその病を調和させる

虚か実か定かではない病は、はっきりと見分けて虚実うぃ調和し平定しなければならない

左右の調和が乱れた病は、左の病には右を刺鍼し、右の病には左を刺鍼しなければならない

経脈循行の順と逆とを明確にしなければならない

一般的に順であれば治療しやすく、逆であれば治療しがたい

臓腑の陰陽が調和すれば、病気が治癒する時期を知ることができる

病気の標本・寒熱を細かく観察して、邪気のある部位を確定すれば、刺鍼による治療に過誤はありえない

九鍼の異なる性能を掌握していれば、刺鍼の方法は完全である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「官能篇」②

次の記事

霊枢「官能篇」④