霊枢「官能篇」⑥

上気が不足すれば、導き移し補うという方法で膻中の気を満たし盛んにさせ、腎気が虚すれば、鍼を留置し気をあつめる方法で腎気を補うとよい
陰陽がともに虚している病気のときは、刺鍼の治法を用いることができないから、艾により灸治を用いると良い
寒気が厥逆し、寒が膝部を超える場合、あるいは臀部の肌肉が陥下する場合は、足三里に灸すべき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「官能篇」⑤

次の記事

霊枢「官能篇」⑦