霊枢「官能篇」⑦

寒邪が陰絡を通って侵入し、停留して去らず、経脈まで侵入したとき、鍼によって治療して寒邪を散らし移さなければならない。

寒邪が凝結し、経気が陥下するときは、灸法を用いて艾火で寒邪を散らすべきである

絡脈が結滞して堅いときは、灸法を用いて治療

はっきりした部位がわからない病痛があるときは、申脈と照海に灸をする
その場合、男は陽蹻脈、女は陰蹻脈を取る
逆をすると治療過誤を犯すことになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「官能篇」⑥

次の記事

霊枢「官能篇」⑧