霊枢「官能篇」⑧

鍼を用いて治療するときには、一定の法則があらねばならない
また、天気の変化、四季・八節の気候の違いを観察し、奇邪の侵襲を避けなければいけない
人々に、虚邪と実邪の侵入に注意を促し、常に防御させ、邪気を受けて発病することを免れさせなければいけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「官能篇」⑦

次の記事

霊枢「官能篇」⑨