霊枢「論疾診尺篇」②

尺膚が滑らかでざらつかず光沢があるのは風病

尺膚の肌肉がふわふわして柔弱なのは、体がだるくて疲れ四肢がだらける病

睡眠を好み、肌肉が痩せこけているのは、寒熱が発し、簡単には治癒しない

尺膚が滑らかで潤いがあり脂肪のようであるのは風病

尺膚がざらざらして滑らかでないもの血が少なく、営が虚している風痺病

尺膚がざらざらして、乾燥した魚の鱗のようなものは脾土が衰弱して、水飲が変化しない溢飲の病

尺膚が焼け付くように熱く脈が盛大で騒がしいのは温病

もし脈が盛大であるが、さわがしくなく滑利を呈しているならば、病邪が駆出され、正気がしだいに回復しようとしているのであり、病気が快方に向かっている

尺膚が冷たく脈が小さいのは、泄瀉ち気虚の病です

尺膚が手を焼くような高熱で、先に発熱して後で冷たくなるのは寒熱往来の一種
尺膚が先に冷たく、しばらくし抑えていると発熱を感じるものも寒熱往来の一種

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「論疾診尺篇」①

次の記事

霊枢「論疾診尺篇」③