霊枢「論疾診尺篇」⑦

・病人の橈骨部にある寸口脈と頸部にある人迎脈との大小・浮沈が同じものは難治

・女性の手の少陰心経の搏動が甚だしいのは妊娠の兆候

・小児が病気になった際、髪が逆だっているときは死ぬ

・耳部の絡脈が青く隆起しているのは、ひきつけと腹痛の兆候

・大便が青緑色で乳瓣が雑り、未消化の殻を泄瀉し、加えて脈象が小弱で寒冷であれば、病気は治癒しづらく、もし手足が暖かければ治癒しやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「論疾診尺篇」⑥

次の記事

霊枢「論疾診尺篇」⑧