霊枢「刺節真邪篇」②

「振埃について、その道理がわからない」

・振埃の鍼法は、陽気が逆気して、胸中に充満し、胸部が脹満し、肩呼吸するもの、あるいは胸中の大気が上逆して喘ぎ病声あり、座伏するが平臥できず、埃と煙を恐れ、のどがつかえて、呼吸が困難なものに対して治療をする。
治療効果は速やかにおこる

「どの経穴をとるのですか?」

・天容(天突)をとる

「もし病人が咳嗽し気が逆して、気が伸びず、発語が困難で胸痛があるときは、どの経穴を使うべきか?」

・廉泉をとります

「取穴のとき、鍼の刺入の深さに決まりはあるのか?」

・天容(天突)をとるとき、一寸を超えてはいけない、廉泉穴をとるときは血絡が通じたら鍼をとめる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「刺節真邪篇」①

次の記事

霊枢「刺節真邪篇」③