霊枢「刺節真邪篇」⑧

癰邪を刺すときの方法は、癰邪の盛んな勢いを腫癰部に迎えて、妄りに鍼を刺したり排膿してはいけない。
しんぼう強く治療を行わなければいけない
そうすれば、化膿することなく治癒します。

もし、すでに化膿しているのであれば、別の方法で治療をおこなう必要があります。
膿の所在にもとづいて、その膿を刺して排除し、膿毒が集まらないようにします。
膿液が排出されれば、邪毒は自然に消失するでしょう
それゆえ、陰経、陽経を問わず、癰を生じる病はみな、経脈に従って穴を取り癰邪を瀉すことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「刺節真邪篇」⑦

次の記事

霊枢「刺節真邪篇」⑨