霊枢「九鍼論篇」⑫

「人の身体の九野とどのように対応している?」

・春と夏は陽に属し、陽気は左から昇り、下から上へ行きますので人の左足が東北に対応し、節気では春分に対応、日辰では戊寅と己丑に当たる。

・左脇は東方に対応し、節気では春分、日辰では乙卯

・左手は東南方に対応し、節気では夏至、日辰では戊辰と己巳

・前胸と咽喉と額面は南方に対応し、節気では夏至、日辰では丙午

・秋と冬は陰に属し、陰気は右から降り、上から下にいきますので
右手は西南方に対応し、節気では立秋、日辰では戊申、己未

・右脇は西方に対応し、節気では秋分、日辰では辛酉

・右足は西北方に対応し、節気では立冬、日辰では戊戌と己亥

・腰と尻と下竅は北方に対応し、節気では冬至、日辰では壬子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「九鍼論篇」⑪

次の記事

霊枢「九鍼論篇」⑬