霊枢「歳露論篇」②

「衛気が運行して風府に至るごとに腠理が開き、開くと邪気が隙に乗じて侵入して発病するが、衛気が毎日一節ずつ下行するとすれば、時には風府にないこともあろう、とすれば瘧疾の発作が起こるのか?」

・風邪が侵入する時、固定した部位というのはありません。
邪気の所在するところへ衛気が行きさえすれば、正気と邪気の争いを引き起こして反応し、必ず腠理を開かせて発作を起こすのです。
ですから、邪気が留止しているとこが、すねわち発病部位なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「歳露論篇」①

次の記事

霊枢「歳露論篇」③