霊枢「歳露論篇」③

「風邪に傷られた病と瘧疾は同類でよく似ている。しかし、風邪が外感した病証は常に持続するものであるが、瘧疾の発作は間歇することがあるが理由を知りたい」

・風邪は常に肌表に停留しますが、瘧邪は経絡に沿って深く侵入し、内に集結しますので、それで瘧邪の所在するところへ衛気が行き、両者が遭遇したとき、病邪に対する防衛反応が起こり、瘧疾の発作が起こるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「歳露論篇」②

次の記事

霊枢「歳露論篇」④