難経「第二十三難」経脈の長さと循行を論ずる①

「手の三陰三陽などにおいて、その脈の長短を知ることが出来るだろうか?」

・手の三陽の脈は、手から頭まで、その長さは各々五尺あり、五尺に六を乗じ、合わせて三丈の長さである

・手の三陰の脈は、手から胸中までで、その長さは各々三尺五寸であり、三尺に六を乗じて一丈八尺、さらに五寸に六を乗じて三尺、合わせて二丈一尺である

・足の三陽の脈は、足から胸までで、その長さは六尺五寸であり、六尺に六を乗じて三丈六尺、さらに五寸に六を乗じて三尺、合わせて三丈九尺である。

・人の両足の蹻脈は、足から目までで、その長さは七尺五寸であり、両足であるから七尺に二を乗じて一丈四尺、さらに五寸に二を乗じて一尺、合わせて一丈五寸である。

・督脈と任脈は、いずれも長さ四尺五寸であり、両者では四尺に二を乗じて八尺、さらに五寸に二を乗じて一尺、合わせて九尺である。

以上すべての脈を合計した長さは、十六丈二尺となる。
これがいわゆる十二経脈の長短の数値である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA