難経「第二十五難」十二経脈の数を論ずる①

「経脈には十二あるが、五臓六腑あわせて十一経しかないが、残りの一経はなにか?」

・この一経とは手少陰と心包絡の別脈である。
手厥陰心主と手少陽三焦は互いに表裏であり、どちらも名があって形がないので、合わせて十二経としたのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA