難経「第四十二難」人体臓腑の解剖を論じている。

「人間の腸や胃の長さ、水穀を受け入れる量はそれぞれどれ程なのか」

・胃は、周囲が一尺五寸、直径は五寸で長さが二尺六寸、曲がりくねった形をして、水穀三斗五升を受け入れが、その内容は穀が二斗、水が一斗五升あるのが通常である。

・小腸は周囲が二寸半、直径が八分と三分の一、長さが三丈二尺、穀二斗四升、水六升と三分の二合を受け入れる。

・回腸は周囲が四寸、直径一寸半で長さが二丈一尺で、穀一斗、水七升半を受け入れる。

・広腸は周囲が八寸、直径二寸半で長さが二尺八寸、穀九升三合と八分の一合を受け入れる。
それゆえ腸と胃全体では、長さ五丈八尺四寸、水穀八斗七升六合と八分の一合を受け入れることになる。
以上が腸と胃の長さ、水穀を受け入れる量である。

・肝は重さが二斤四両、左三葉で右は四葉の全七葉に分かれ、魂を蔵することを主る。

・心は重さが十二両、中に七つの穴と三本の毛があり、精汁三合を含み、神を蔵することを主る。

・脾は重さ二斤二両、歪んだ円球形の周囲の広さが三寸、長さが五寸、散膏が半斤あり血を包むことを主り五臓を温め、意を蔵することを主る。

・肺は重さが三斤三両、六葉と二耳の八葉に分かれ魄を蔵することを主る。

・腎は二枚あり、重さが一斤一両で志を蔵することを主る。

・胆は肝の短い葉の間にあり、重さが三両三銖で精汁三合を含む。

・胃は重さが二斤二両、うねり曲がって伸縮し、長さは二尺六寸で周囲が一尺五寸、直径が五寸、穀二斗、水一斗五升を含む。

・小腸は重さが二斤十四両で長さが三丈二尺、周囲の広さが二寸半で直径が八分と三分の一分、左に廻りながら十六回曲がり重なり、穀が二斗四升、水が六升三合と三分の二合を含む。

・大腸は重さが二斤十二両で長さが二丈一尺、周囲の広さ四寸で直径が一寸、臍のところから右に廻って十六回曲がり、穀一斗と水七升半を含む。

・膀胱は重さが九両二銖、歪んだ円球形の縦に計った周囲の広さ九寸、
溺九升九合を含む。

・口は周囲二寸半、唇から歯までの長さが九分で歯から会厭までの深さが三寸半、五合のものを入れる容積がある。

・舌は重さ十両で長さが七寸、周囲の広さ二寸半。

・咽門は重さが十二両、周囲の広さが二寸半で胃までの長さが一尺六寸。

・咽嚨は重さが十二両で周囲の広さ二寸、長さが一尺二寸で九つの節がある。

・肛門は重さが十二両で周囲が八寸、直径二寸と三分の二寸、長さが二尺八寸で穀九升三合と八分の一合を受け入れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA