プロフィール

名前:山羽 正真(本名:山羽 誠)
仕事をするうえで、ゲン担ぎの意味合いで字画の良い名前にしてる。

生年月日:1984年10月29日 AO型 蠍座

長所:まじめ
短所:失敗するとすごく凹む、場の空気を読むのが苦手、小心者、めんどくさがり

趣味:寝ること、ブラブラ近所を散歩したり神社にお参りしたりすること、仕事の暇なときの家族サービス

好きな動物:いぬ
嫌いなもの:虫
苦手なもの:怖い人

好きな食べ物:食べられそうなもの全般

得意なこと:言われたことをひたすら反復練習をすること

休日の過ごし方:主に研修会にいる、ジョギング、もしくは家族サービス

人生で恥ずかしかったこと:遊びで四股をふんでズボンの後ろが破れたこと、小学生のときの女性の先生にお母さんと言ってしまったことなどなど

鍼灸学生になるまでに過ごしてきた人生

生まれたときから小児喘息で発作がひどく、たびたび入院してらしい(自分では記憶なし)

保育園時代、不安が強くお泊り保育が出来なかった。

小学生2年生のときに鼠径ヘルニア(脱腸)になり入院して手術をおこなったが手術後に高熱が発生し入院がのびる。

小学生3年生の時に高学年からいじめに合い苦痛から逃れるために自殺を考え、不登校になるもなんとか復帰
小学生のときは病気で毎年20日くらい休んでいた。

中学2年のときに都合で引っ越し、そこでもいじめにあい若干の不登校になるも過去の経験もあり、なんとか復帰
そのときの担任は気がついているがあまり関わらないようにしようという感じの人で、徐々に人を信用をすることができなくなる。
このとき、いじめは自力でどうにかした。

高校が遠いところにあり、通学で疲れ果て3日で後悔しやめたくなる。
ただ、過去に経験で少し耐えると変化することを知っていたので耐えてみようと1日1日と耐えていたら3ヶ月でやっと平気になった。
男子校で同級生が素直な人間ばかりだったの楽しい学生生活をおくる。
学生時代で一番楽しかった時期だったと思う。

高校卒業して自分の夢に向かうために2年の間フリーターをしながら挑戦するも体が虚弱により夢叶わず
さらに、扁桃腺由来の高熱が1週間毎に続きアルバイトすら危うくなったので扁桃腺を切除する。

自分の人生を振り返って自分自身と向き合い医療系(鍼灸マッサージ)の学校に行くことを決意する

鍼灸学生編

勉強嫌いだったが、入学して解剖学・生理学をはじめ覚えることが多くあり人生で一番勉強をするようになる。

2年目になり卒業後のことを少しずつ考えるようになり、何も出来ない自分に絶望をしはじめ、修行先を探すも求めていたものとは違い心を病む

3年目になり友達の紹介である人に出会う(未来の師)
国家試験を無難にパスをして資格を得る。

社会人編①

在学中のとある先生(未来の師)の助言で卒業後、整形外科に就職し現代医学の勉強をしようとする。

ここでも、何もできない自分に絶望し必死で色々なことを学ぶ

さまざまなことが重なり、パニック障害を発症し退職

病気編

病院で処方された薬を飲んで病気が発症後に必死で就職しようとするも発作や様々な不安が強く出現し就職すらできな状況が続く

薬で安定してきたところでアルバイトをするも、感情がコントロールできずに倒れたりし長続きしないどころか病状が悪化する。
このあたりから鍼灸(現代医学的なもの)に通うもその日は良いがあまり変化しなかった。

一向に改善しないのでドクターショッピング(医者替え)をおこない、薬を急に抜かれたり多く増やされたりし、起き上がることもままならなくなり、寝るたびに悪夢をみるようになる。

薬を飲むことで治らないというのを悟り断薬をする、そして自力で治す方法を這いつくばりながら探す
通っていた鍼灸院の先生からの紹介で不思議な治療をする先生に治療をしてもらう
その直後から悪夢が減り、少しだが眠れるようになり食欲も少し改善する。

数ヶ月通い、薬なしでもなんとか外に出れるまでに回復する

学生時代に知り合った先生(師)から偶然に連絡があり、短時間から社会復帰をするために働かせていただく1週間に1日2時間くらいから開始

社会人編②

優しくも厳しい師のもとで7年の間、お世話になりながら身体をもとに戻していく。
そこで出会った患者さんや師のおかげで、中学からあった人間不信が改善していく。

師から現代医学の知識、患者さんとの向き合い方、心構え、などの基礎になることを学ぶ。

同時期に1週間に1度程度、鍼灸の師のもとで7年ほど学ぶ

二人の師をはじめ突然に、いつ開業するのか?と周りから言われはじめ、開業する気はなかったが、今の職場から卒業することになりそうだから開業することを決意

一番苦しいときに受けた治療のような効果を出せ、痛い鍼は嫌いなので痛くない鍼を求めていたときに鍼灸の師から「東洋はり医学会」を勧められ入会し学ぶ

自宅では開業するスペースがないので、自転車でフラフラしてたら丁度いい物件が近所で見つかる

2018年に広告宣伝もしないでひっそりと開院する

簡単に言うとこんな人生!

ドラマのような熱い展開もなく、結構平凡な人間です(笑)

すごいカリスマ性もある人間でもないですが素直で率直な人間だと自負しております。