霊枢「淫邪発夢篇」

「邪気が体内に拡がって引き起こす病理変化について」
・正邪が外から体内に侵入しても、ときに定まった部分がなく、かえって内蔵に流入し、そこでもまた場所を固定せず、営衛の気と一緒に流行し、魂魄のあとについて一緒に舞い上がり、人を安眠させずに夢を多く見せさせるのです。
もし、邪気が府に侵入すれば、外の陽気に余りがあり、内に陰気が足りなくなります。
もし、邪気が蔵に侵入すれば、内の陰気に余りがあり、外の陽気が足りなくなります。

「余りあることと、足りないことでどんな現れがあるのか?」
・陰気が盛んであれば、大水を渡って恐れおののく夢を見ます
・陽気が盛んであれば、大火事があって灼熱を感じる夢を見ます
・陰陽の気がともに盛んであれば、互いに殺し合う夢
・身体上部で邪が盛んであれば、上へ飛翔する夢をみます
・下部で邪が盛んであれば、下へ堕落する夢をみます
・極端に空腹なときは、人からものを取り上げる夢をみます。
・満腹すぐると、他人にものを与える夢をみます
・肝気が盛んだと、おこる夢をみます
・肺気が盛んだと、恐れおののき、声をあげて涙を流して泣き、飛翔する夢をみます。
・心気が盛んだと、よく笑い、恐れ怯える夢をみます。
・脾気が盛んだと、歌を唱い楽しむのですが、身体が重くて持ち上がらない夢をみます。
・腎気が盛んだと、腰と背骨と分離してつながらない夢をみます

鍼治療の際に相応する部位に瀉法を用いれば、病はすぐさま平癒することができる。

「邪気が・・・」
・心を侵犯すると、丘陵に煙火が広がる夢みます
・肺を侵犯すると、飛揚するか、あるいは金属を鋳てできた奇妙な夢をみます。
・肝を侵犯すると、山林の樹木を夢に見ます。
・脾を侵犯すると、連綿と続く丘陵と巨大な湖沼、及び風雨に曝され雨漏りする荒れた家を夢に見ます。
・腎に侵犯すると、大河のほとりに至るか、あるいは水に浸かっている夢をみます。
・膀胱に侵犯すると、放蕩三昧の暮らしを夢をみます。
・胃を侵犯すると、飲食する夢をみます。
・大腸を侵犯すると、広大な田野の中に身を置いてる夢をみます。
・小腸を侵犯すると、民衆の集い集まる交通の要衝に身を置いてる夢をみます。
・胆を侵犯すると、人と殴り合って訴訟沙汰となり、あるいは割腹自殺する夢をみます。
・生殖器を侵犯すると、夢の中で性交します。
・項を侵犯すると、斬首を夢にみます。
・足頸を侵犯すると、歩こうとしても前に進めず、さらには穴蔵や檻の中に閉じ込められる夢をみます。
・大腿や上臀を侵犯すると、夢の中で叩頭の儀礼をおこないます。
・膀胱や直腸を侵犯すると、小便や大便をする夢をみます。

鍼治療に際して、相応する部位に部位に補法を施せば、疾病をたちまち平癒することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「病伝篇」