霊枢「論勇篇」③

「勇敢であるか。臆病であるかの性格の違いが生じる理由は?」

・勇敢な人・・・眼光が奥深く、凝視して動かず、眉毛は広大で長く真っ直ぐ、皮膚腠理のキメは横縞、心臓は端正、肝臓は堅く厚く、胆汁は充満
怒りを発する時は、気が旺盛になって胸部が大きく張り出し、肝葉は上にあがり胆は横になり、眼を大きく見はり、眼光は鋭く迫り、毛髪は立ち上がり、顔色は青白くなる

・臆病な人・・・眼は大きいが奥深さがない、皮膚腠理のキメは縦縞、胸骨の突き出た状態は短小、肝臓は薄く柔らか、胆汁は充満せず、胆嚢は緩く、胃腸は強健ではなく、湾曲が少なく真っ直ぐで、脇下の気が空虚で、肝気が充満できない
激怒するにも、怒気を胸中に充満できず、肝肺の気が怒りによって上に挙がっても持久力がなく、怒気はすぐに消えてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「論勇篇」②

次の記事

霊枢「論勇篇」④