霊枢「刺節真邪篇」①

「刺法には五節の名称があるときく」

・一を振埃、二を発蒙、三を去爪、四を徹衣、五を解惑という

「五節の刺法の意味を知りたい」

・振埃は、外経を刺し陽病を治療するもの
・発蒙は、六腑の兪穴を刺して府病を治療するもの
・去爪は、関節肢絡を刺すもの
・徹衣は、六腑の別絡をくまなく刺すもの
・解惑は、陰陽の変化をしり、それに基づいて不足を補い、有余を瀉して、調和させるもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「論疾診尺篇」⑧

次の記事

霊枢「刺節真邪篇」②