霊枢「刺節真邪篇」⑭

全身が高熱し、熱が極まって発狂しかつ妄見・妄聞・妄言などの症状があるものは、足の陽明経と絡脈とが虚しているか実しているかを観察し、しかるのちに穴位を定めて刺鍼します。
同時に病人を仰向けに寝かせ、医者は病人の頭部に位置し、両手の親指と人差し指で患者の頸部の動脈を挟んでおさえ、やや長い時間おさえておいて、さらに巻いておさえるという手法を使って、下方へ缺盆までおさえたまま推してゆき、再び上述の動作を繰り返しておこない、身熱が下がるのをまって中止します
これがいわゆる、推して散らすという方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「刺節真邪篇」⑬

次の記事

霊枢「刺節真邪篇」⑮