霊枢「刺節真邪篇」⑰

虚邪が人体の深部に侵入すると、寒と熱とが互いに戦い、久しく留まって去らず、内部に定着します。

もし、寒が熱に勝つと、骨節の疼痛を引き起こし、肌肉が枯れて萎縮します。

もし、熱が寒に勝ちますと、肌肉が腐爛して化膿し、さらに深く侵入して骨を傷害します。

さらに深く骨を傷害しますと、骨触を起こします。

邪気が筋の間に長く留まって退かなければ、筋瘤を生じます。

邪気が内に集結し、真気が内に向かってゆき、局部の衛気も停留して出ることができなくなりますと、津液が外に輸送されなくなり、腸胃に停留して邪気と結合して腸瘤になります。
その成長は比較的緩慢で数年かけて形成され、手でおさえると柔らかく触知されます。

すでに、邪気が集結して気が内部に向かい、津液が停留してめぐらず、そのうえ邪気にあたり、凝結して散ぜず、日々ますます重くなり、積聚に接触すると、昔瘤になります。

その集結部する分が、日々ますます増大すると、骨疽になります。

邪気が集結して肌肉にあり、宗気が内部に向かい、邪気が留着して去らないとき、もし内熱があれば化膿し、もし熱がなければ肉疽になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「刺節真邪篇」⑯

次の記事

霊枢「衛気行篇」①