霊枢「癰疽篇」①

「腸胃に入った水穀は、消化されると、上焦に行き変化して衛気になる。その作用は肌肉を温め、骨と関節を栄養し、腠理を通じさせること
中焦では変化して営気になり、霧露のように上から下へ、肌肉の会合する渓谷にへ注ぎ血が、孫絡に滲入し、津液と混合した後、変化して赤い血液になる。
血が調和していると、まず、すべて孫絡に充満し、孫絡が充満すると溢れて絡脈に入り、すべての絡脈が満ちると、経脈に流入する。
このようにして陰経と陽経のすべてに補給されると、呼吸に随って律動的に運行し、全身の経脈にあまねくいきわたる。
その運行には規則性があり、自然界の事物と同様に絶えることなく運動して停止することがない。
発病したら、脈診をして虚実を診断する。
おおよそ実証には瀉法を用い、瀉法を用いるとあまりあるものを足らなくさせることができる。
刺鍼時に、快速鍼法を用いれば邪気を減衰させることができ、置鍼法を用いると瀉することができず、刺鍼前後の病情が同じになる。
虚証には補法を用い、補法で足らないものを充実させることができる。
治療の目的は血気を調和させることにあり、それによって器質と機能の活動を正常に回復させるのだ
と疾病の有無は気血が平衡であるかどうかということに関係しているのはしっているが、癰疽はどのように発生し、その形成と消散の日数、死生の期日を知らない。
期日の遠いものと近いものがあるが、どのように予測すればよいのか?」

・人の血脈と営衛は、周流して止むことなく、上は天の二十八宿に対応し、下は地の十二経水に対応してます。
もし、寒邪が侵襲して経路の中に繋留すると、血の運行が渋滞して通じなくなり、通じなくなると衛気の運行が阻害されて、血が通じないところで停留し、衛気の循環往来に影響します。
これによって癰腫が発生します。
寒邪がしだいに変化して熱になり、熱が盛んになって勝つと肌肉を腐食し、肌肉が腐ると化膿します。
膿が排泄されないと筋を腐爛し、筋が腐爛すると骨を損傷し、骨が損傷されると骨髄が消耗します。
もし膿毒が骨の空隙になれば、膿毒を排出する手立てがありません。
このようにして営血の虚が引き起こされ、そのために筋骨・肌肉に栄養が行き渡らなくなり、経気血脈もそのために衰弱し損傷します。
毒気が五臓の本体を汚染すると、五臓に重い傷害を受けて死亡するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「大惑論篇」②

次の記事

霊枢「癰疽篇」②