難経「第五難」脈診の際の指法の軽重を論ずる

「脈診の指法に軽重があるというがどのように区別するのか?」

・最初に脈に触れるときは三粒の豆ぐらいの重さにし、軽く皮毛のところの脈を取り、得られた脈象は肺部の脈

・六粒の豆ぐらいの重さで、血脈の間で得られた脈象は心部の脈

・九粒の豆ぐらいの重さで、肌肉の間で得られた脈象は脾部の脈

・十二粒の豆ぐらいの重さで、筋の間で得られた脈象は肝部の脈

・骨に達するほど強く押してから、指の力をゆるめて得られた脈は、腎部の脈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA