難経「第十二難」虚を虚し実を実する医療の誤りを論じる

「医学経典には【五臓の脈がすべてに内で虚損しているときに、医師が針を用いて、かえってその外を補ってしまったり、五臓の脈が外で虚損しているときに、医師が針を用いて、かえってその内を補ってしまう】と記されているが、内外の虚損不足はどのように区別したらよいのか?」

「五臓の脈 巳に内に絶ゆ」とは、肝腎の脈が内に絶したことを指しているが、医師はかえって心肺を補ってしまう。
「五臓の脈 巳に外に絶ゆ」とは、心肺の脈が内に絶したことを指しているが、医師はかえって肝腎を補ってしまう。
陽の虚損にかえって陰を補い、陰の虚損にかえって陽を補うのは、いわゆる補を以って実を治し、瀉をもって虚を治すことで、不足のものをさらに損じ、有余のものをさらに盛んにしてしまう。
このようにして死んでしまったら、これは医師が殺したも同然である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA