難経「二十九難」奇経八脈における発病の証候を論ずる

「奇経の病候はどのようなものであろうか?」

・陽維脈は諸陽脈を網の目のように絡い、陰維脈は諸陰脈を網の目のように絡う。
もし、陰陽の維脈が相互に維ぎ係れなくなると、茫然自失として、全身無力になり、自分の考えで処理することができなくなる
単純な
陽維脈の病では、常に悪寒発熱に苦しむ
陰維脈の病では、常に心痛に苦しむ
陰蹻脈の病では、陽側が弛緩して、陰側が痙攣収縮する。
陽蹻脈の病では、陰側が弛緩して、陽側が痙攣収縮する。
衝脈の病では、気が上衝して腹中が痙攣収縮する感じを覚える。
督脈の病では、脊背部が強直したり、重篤な場合は昏厥が起こる
任脈の病では、急激な硬結が腹中に起こり、男子では七種の疝気が発生し、女子では結聚の病が発生する可能性がある。
帯脈の病では、腰部は弛緩して力が入らず、水の中に坐っているような無気力と寒気を覚える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA