パニック障害の治療

「20代男性」

仕事などのストレスにより発症したようです。
電車に乗っていて、発作の出現を必死に耐えてるそうです。

主訴:パニック発作、喉の違和感

治療:脾を中心にした治療を週1〜2回の治療をおこなう
約2ヶ月で薬を全てやめ、仕事に復帰できるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

躁うつ病