起立性障害の症例

症例「10代女性」
主訴:起きれない(起立性障害)
副訴:鼻血

治療:肺を中心にした治療
週1度の治療を3ヶ月ほどで起きれるように改善する。
ご家族の努力も功をそうした感じです。

治療終了

【未病治が大切】
テストで赤点が決定したあとで、足掻いてもやれることはほぼありません
予めテスト勉強をして留年しないようにしなければいけない。
身体も同じで未病を治すことが大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA