マッサージへ長く通ったが治らなかった腰痛の症例

症例「60代男性」
マッサージへ数ヶ月通っていたが改善が見られなかったため受診

主訴:左腰の痛み
副訴:糖尿病

治療:肺を中心の治療を週1回〜2週間に1度の治療

経過:1回目の治療後、家に帰り痛みが和らぐのを感じる
5回目の治療にて痛みは完全消失
糖尿病は病歴が古く、さらに頻度をあげないと変化させることは不可能なので変化なし

【未病治が大切】
テストで赤点が決定したあとで、足掻いてもやれることはほぼありません
予めテスト勉強をして留年しないようにしなければいけない。
身体も同じで未病を治すことが大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

首の痛みの症例