肩の痛みの症例

症例「70代女性」
病院へ行ったが一向に改善がみられないため来院

主訴:肩の痛み
副訴:寝れない・手のしびれ、恐怖心

治療:週1回の頻度で腎を中心にした治療

経過:3回目の治療後に肩の痛みは消失、恐怖心は1回の治療で多少緩和したようです。
手のしびれは変化なし
2ヶ月後に咳が止まらなくなったと再度痛くなり来院し治療→改善
さらに3ヶ月後に肩や肩甲骨の間が急に痛くなり来院、3回治療をおこない、2回目には改善していたようです。

【未病治が大切】
テストで赤点が決定したあとで、足掻いてもやれることはほぼありません
予めテスト勉強をして留年しないようにしなければいけない。
身体も同じで未病を治すことが大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA