難経「第六十二難」臓腑の井・榮の区別を論ずる

「五臓にはそれぞれ、井・榮・兪・経・合があるが、六腑にはそれぞれ六穴ある。これはどうしてか?」

・六腑は陽に属しており、三焦の気が陽経の間を運行しているので、一つ兪穴が多くなっており、その名を原穴という。
したがって、六腑にはそれぞれ六穴がある。
これを三焦という一腑とその他の五腑とが、その陽に属する気を共通のものとするからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA