難経「第七十二難」迎髄補瀉の刺鍼方法を論ずる

「医学経典では、刺鍼の手技においては経脈の気の迎髄を知っていれば、不協調による病変を調整することができると述べ、調気の方法の根本は陰陽にあると述べているが、これはどのような道理によるものなのか?」

・いわゆる、迎髄とは、営衛の気が経脈中をどのように往来して流れているのかを明確にし、それらの循行方向にもとづいて、逆に取るのか順にとるのかを決定することであり、それゆえに迎髄と呼ばれている。
調気の方法の根本は陰陽にあるとは、病変には内外表裏があることを理解し、その陰陽の偏りの所在にもとづいて治療・調整を行うことである。
それゆえ調気の方法の根本は、陰陽を区別することにあるといっているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA