ほてり・のぼせ・頭がボヤける

「40代男性」

主訴:ほてり・のぼせ・頭がボヤける
副訴:尿が出過ぎる・腰の痛み・首肩の痛み・手足の冷え・花粉症・落ち込みやすい・下痢しやすい・血圧が気になる

治療:週1〜2回の頻度の治療

経過:主に自律神経が症状としてあらわれており、加療をし1ヶ月単位で順次回復に向かっていった。
約1年程で季節の影響で出現するもの以外は、すべて消失
血液検査の結果も、中性脂肪以外は問題なし

考察:とても真面目な方で、しっかり通っていただいたため全ての症状が良い方向に向かわれたと考えられる。
ずーっと体から信号を出していた小さな症状を無視して、病気になってしまうと虚体(体が弱ってる状態)になってしまう。
そうなると些細なこと(気候の変化など)でダメージ(症状)を負ってしまう。
しかし、この先この方は実体(本来の体の状態)に戻っていかれると思われるので、不養生をしなければ、いつまでも健康で過ごして行けるのではないかと考える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA