脈経「分別三関境界脈候所主第三」

魚際から橈骨茎状突起にいたり、そこから逆に魚際に向かって一寸進む、その間を寸口をいう。
寸口より尺、しなわち肘関節に向かった部分を尺沢という。
だから、橈骨茎状突起を中心にして尺寸といい陰陽の区別するのだ。

次に寸口と尺中の間を関上という。
陽気は出ていく性質があり、陰気は入る性質があるが、その関上を境として陽気は三分出ていき、陰気は三分はいる。
それによってこの脈診部で陰陽が交流しているのである。
このことを三陰三陽ともいう。
ところで、陽気は出ていき陰気は入る性質があるが、脈診部においては、陽気は尺中に発生し、寸口で動じて発散している。
逆に陰気は寸口に生じた尺中で動じて中に入る。

また寸口は頭、手及び外の皮毛と上焦の心肺などの状態を診察する場所である。
関上は腹、腰及び中焦の脾胃や肝胆の状態を診る場所である。
尺中は少腹から足までの間と下焦の腎や膀胱などの状態を診察する場所である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA