脈経「弁尺寸陰陽栄衛度数第四」第一条

「そもそも十二経脈にはすべて脈の拍動している部位がある。それなのに寸口だけでご蔵六腑の病状はもちろんのこと、病人の生き死にや病後のよしあしまで判定するというのはどのような理由によるものなのか?」

・寸口は太陰肺経に属している。
経脈の気の流れは肺経から始まってまた肺経に帰ってくる。
つまり寸口は脈気の大いに会する所なのだ。
この脈気の運行は呼吸によって行われるが、一呼気に三寸、一吸気に三寸、すなわち一呼吸で六寸進むのである。

ところで一日24時間、水時計が100刻を告げる間に、人はおよそ13,500回呼吸をする。
その間に脈気、すなわち栄衛の気は全身を50周するが、人体の陽の部分を25回、陰の部分を25回巡る。
そうしてまた手の太陰、すなわち寸口の部位でまた大会する。

このように寸口は脈気が一日50回繰り返し巡るところだから、ここの脈を診ることによって病人のすべてが分かるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA