脈経「弁尺寸陰陽栄衛度数第四」

「そもそも十二経脈にはすべて脈の拍動している部位がある。それなのに寸口だけでご蔵六腑の病状はもちろんのこと、病人の生き死にや病後のよしあしまで判定するというのはどのような理由によるものなのか?」
寸口は太陰肺経に属している。
経脈の気の流れは肺経から始まってまた肺経に帰ってくる。
つまり寸口は脈気の大いに会する所なのだ。
この脈気の運行は呼吸によって行われるが、一呼気に三寸、一吸気に三寸、すなわち一呼吸で六寸進むのである。

ところで一日24時間、水時計が100刻を告げる間に、人はおよそ13,500回呼吸をする。
その間に脈気、すなわち栄衛の気は全身を50周するが、人体の陽の部分を25回、陰の部分を25回巡る。
そうしてまた手の太陰、すなわち寸口の部位でまた大会する。

このように寸口は脈気が一日50回繰り返し巡るところだから、ここの脈を診ることによって病人のすべてが分かるのである。

「脈診部位の寸口の中に、さらに寸口と尺中があるのはどのような意味か?」
寸口と尺中は脈気の大いに会する要の所である。
橈骨茎状突起の部を関上というが、この関上から肘関節までの間を尺内という。
ここは人体の陰の状態と関係がある。
また関上から魚際までを寸口内という。
ここは人体の陽の状態と関係がある。

したがって、広義の寸口の中に尺中があるし、手首から肘までの広義の寸口の中に尺中、すなわち関上から肘に向かって一寸の間を診る。
この一寸というのは、手首から肘までを一尺とし、その十分の一の所という意味である。
また陽の状態は寸口でみるが、この寸口というのは関上から魚際に向かって九部の間である。
つまり狭義の寸口にあたる。

以上のような訳で、脈診部位の寸口は一寸九分であるが、また寸口と尺中にも分けられるのである。

「寸口にあらわれる脈に大過・不及・陰乗・陽乗・覆・溢・関・格などという脈があるが、これはどのような脈状なのか?」
関上から前、すなわち狭義の寸口は陽気の状態を診る場所である。
この寸口は九分あるが、ここの脈は浮いているのが正常である。
これが過ぎている場合を大過といい、減じている場合を不及という。

また寸口から魚際に向かってはみ出して脈が現れている場合を溢といい、外が閉じて内が外との交流を拒むという意味で外関内格ともいう。
またこれは陰気が旺盛で陽の部まで溢れて、乗りかかっている状態なので陰乗の脈ともいうのである。

関上の後、すなわち関上から肘に向かって一寸の間の尺中は、陰気の状態を診る場所である。
ここの脈は沈んでいるのが正常である。
これが過ぎているのを大過といい、感じているのを不及という。

また、尺中からはみ出して肘に寄った部分にまで脈が現れているのを覆といい、内が閉じて外が内との交流を拒むという意味で内関外格という。
またこれは陽気が旺盛で陰の部まで覆って、乗りかかった状態なので陽乗の脈ともいうのである。

このような覆・溢の脈は、いわゆる真臓の脈であるから、病人は大した症状を現していなくても死病の場合が多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA