脈経「弁尺寸陰陽栄衛度数第四」第二条

「脈診部位の寸口の中に、さらに寸口と尺中があるのはどのような意味か?」

・寸口と尺中は脈気の大いに会する要の所である。
橈骨茎状突起の部を関上というが、この関上から肘関節までの間を尺内という。
ここは人体の陰の状態と関係がある。
また関上から魚際までを寸口内という。
ここは人体の陽の状態と関係がある。

したがって、広義の寸口の中に尺中があるし、手首から肘までの広義の寸口の中に尺中、すなわち関上から肘に向かって一寸の間を診る。
この一寸というのは、手首から肘までを一尺とし、その十分の一の所という意味である。
また陽の状態は寸口でみるが、この寸口というのは関上から魚際に向かって九部の間である。
つまり狭義の寸口にあたる。

以上のような訳で、脈診部位の寸口は一寸九分であるが、また寸口と尺中にも分けられるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA